マッチングアプリでヤリ目の女を見つけるコツ

マッチングのあれこれ
スポンサーリンク
7日間無料!sanmarusanマッチング

マッチングアプリにはヤリ目男が大勢いる。
だが実際はヤリ目女も結構いるんだな、これがw
まあ男だけじゃなく女にも性欲はあるわけだしね。
当然と言えば当然かと…w

そこで今回は、マッチングアプリでヤリ目の女を見つけるコツについて紹介しよう。

即会える女はヤリ目女の可能性大!

マッチングアプリで好みのタイプを見つけると、「早く会いたい」と思うものだろう。
一方女性の場合は、「もうちょっと仲良くなってから…」と考える人がほとんどだ。
やっぱり女性はすぐ会うことに対し強い抵抗を感じるわけだな。

だがヤリ目の女は違う。
抵抗を感じるどころかむしろノリノリ。
当然こっちからいきなり誘ったりしても全然拒絶しない。
場合によっては自ら「とりあえず会ってみない?」とか言ってくるしw

なんていうか飢えてる感じがすごいんだよね。
普通の出会いを求める女性とは明らかにスピード感が違うというか。
さすがヤリ目と言わざるを得ないw

もちろん、いくらヤリ目女が相手だからってぞんざいに扱うのはNGだ。
会って早々「じゃホテル行こうぜ!」とか言い放つのもヤバいwあまりにも雑すぐるw
とりあえず軽く食事かお茶でもするのが最低限の流れだな。
そこそこ楽しい気分にさせて、最後に思いっきりヤリまくればおkw

ヤリ目女の多くはノリが軽い!?

マッチングアプリでヤリ目の女を見つけるコツとして「ノリの軽さ」があげられる。
例えば初っ端から超フレンドリーなタメ口とかw
やたらノリが良くて誰とでもすぐ打ち解けちゃう感じ。
こういうノリが軽いタイプっていうのはヤリ目女が多いんよw

やっぱり真剣な出会いを探す女性は、少しずつ距離を詰めようとするからね。
それこそいきなりのタメ口とかまずあり得ないと言えるw

もちろん「ノリは軽いけど実は真面目」ってこともあるが…。
正直マッチングアプリにいる軽いノリの女は、高確率でヤリ目かとw
ただノリが良いから話してても楽しいしw遊びの関係で留めるんなら逸材なんじゃないかな?

マッチングでアプリで即セクロスしたかったら、軽いノリの女を狙ってみるといいゾ~。

プロフィールがスッキリし過ぎてるのもヤリ目!?

本気で出会いが欲しい女性は、プロフィールをきちんと埋めている。
基本項目だけではなく自己紹介欄もギッシリ書き込んでるんだよね。
まあプロフィールにも本気度がしっかり反映されてるというか。
見るからに真剣だなー気合い入ってんなーってのがわかるんよ。

だがヤリ目の女はそこまできちんと書いてない。
とりあえず基本項目は埋めてるけど、自己紹介欄とかはよろしくの一言のみとかw
全体的にめちゃくちゃシンプルで、あまりにもスッキリし過ぎてるのが特徴だなw

やっぱりヤリ目だからさ、趣味とか休日の過ごし方とかそういうのどうでもいいんだわ。
「セクロスさえできればいい・そんな話で盛り上がる気ない(むしろ面倒くさい)」というねw
だからあえてきちんと書かず、シンプルな内容におさえているというわけ。

中には基本項目すら埋めてない真っ白スカスカプロフィールもあるが…。
これはヤリ目女というより単にやる気がないだけだろうw
恋愛目的でなければヤリ目でもない、暇潰しで登録した可能性大だな。

きちんと書きすぎず、それでいて真っ白ではない。
絶妙なバランスのスッキリプロフィールであるかどうかも、ヤリ目の女を見つけるコツだ!

「写真ナシはNG」もヤリ目女か!?

「顔無しさんにはお返事できません」
「写真ない人はごめんなさい」
プロフィールにこんな文言がある場合は、大抵ヤリ目女である。

もちろん「相手がどんな人か知りたい」という思いで書いているケースもあるだろう。
だがプロフィールであらかじめお断り宣言しちゃってるのは、やっぱりヤリ目女が多いんだよなあ…。

逆に考えてほしいんだが、男もやっぱりセクロスするなら美人とか好みのタイプがいいよな?
要はそれと同じで、ヤリ目女もどうせやるなら好みのタイプを選びたいってわけ。

これが本命彼氏とか、本気の恋人探しとなったら内面も重視するんだろうけどね。
ただのヤリ目となると「どうせヤルだけだし外見さえ良ければおkw」ってなるんだろうな。
そんでアウトなのが来ると「あ、これダメだわw」って一瞬で切り捨てちゃうんだろうな。
やれやれ、ヤリ目女はシビアだぜ…。

まとめ

今回は、マッチングアプリでヤリ目の女を見つけるコツについてまとめてみたZE!

「本気の彼女じゃなくてセフレがホスィ…」
「やべえ急にムラムラしてきたから一発やりてえw」
そんな時はマッチングアプリでヤリ目女を見つけてみるべし。
コツをしっかりおさえればヤリ目女を見つけるのは簡単なので、ぜひトライしてみてくれ!

コメント